黄昏<CATS> 
 茶猫20歳ジュニ☆
 白チョコ猫15歳ホルス☆
 キジ猫14歳ポー☆
 アメショ茶15歳エル
 白黒もうすぐ10歳アリスの5猫ズ駐留中♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
お布団猫事情
 
今年寒くなって来てから、初めての出来事がありました。
なんと、アリスさん、ず〜っと連続でお布団猫になってます(=^・^=)

証拠写真↓

お布団猫アリス1

エリザベスをしてるというのに、前足の親指横を噛んで、傷つけてます(-_-;)

本猫、あまり気にしちゃいませんが(^_^;)

むぎゅー

むぎゅーっと伸びをして目開けたとこです。

ウチでは、ピーちゃん以来のお布団猫です。
といっても、ピーちゃんは布団の中に入って、私の腕枕で寝てましたが。。。
アリスは正確には、お布団の上猫です(^・^)

5年目にして、どうしてその気になったのかは、アリスに聞かないとわからないですが。。。
必ずしも、喜ばしい理由ばかりでは無い様に思います。

ポーとジュニがいなくなって、アリスは更に更に臆病になりました。
たぶん、アリスには死についての認識は無くて、ただホルの時と同じに、何処かに連れて行かれて帰って来ないと思ってるような気がする。
猫は死に対して非常に冷淡に見えたりする。それは今を生きていて、過去には生きていないからだと思う。エルにしても大好きだったホルやジュニがいなくなったことを割とすんなり受け入れたように思う。もちろん、今そばにいないことに対しての寂しさはあるだろうけど。
ところが、アリスはずっと覚えているのかもしれないと感じる。
1歳前に夜中開いていたドアから抜け出してしまって家の中で半日行方不明になり、階段横の隙間の奥で固まっていたことも、ずっと忘れられないアリス。
あの時の恐怖がずっと残っていて、自分も何処かに連れて行かれたら、帰って来れないという不安が、アリスを臆病にしているんじゃないか。
ジュニがいなくなってから、アリスは周りの床や布団も執拗に舐めまわすようになった。1時間以上でも舐めて、舐めて。。。安心するまで舐めている。
背中の真ん中あたりをポンポンすると少し安心するようで、止めると自分からもっとって要求する。私がご飯を食べていると必ずやってきて、横でポンポンしてもらいなら周りを舐めている。片手に箸、片手にアリスの食事タイムだ。
外の音にも過剰に敏感で、安心するまではじっと固まっている。ポンポンすると、しばらくしてやっと呪縛から解けたように、動き出す。

たぶん、アリスは賢さ故に過去を忘れないで、怖かった記憶を抱き続けているのだろう。
外にはたくさんの怖いものがある。。。
だから、お布団に来て、ポンポンしてもらいながら眠ると、少し安心できるんじゃないのかな。

難儀な猫です(-_-;)

そのアリスさんに、おニューの洋服を注文しました。
舐め過ぎと掻き過ぎで、今までのはぼろぼろになって、ツギハギだらけになったので(^_^;)

おニューの服

今回は首を長くしてもらいました。胴部分も長く。。。したけど、足りないだろうなぁ。
背中の補強は、今回はクリアファイルじゃなくて、古くなったバックが帆布だったので、それを再利用しようかと画策してます。

おニューのズボン

ズボンはいつも通り。
ためしに補強せずこのまま履かせてみようかと思ってるけど、あっという間にぼろぼろになるんだろうな。。。と、思ったりw

と、まあ、問題山積みのアリスだけど、それでも、可愛いのですよ(*^_^*)

0
    | 08:28 | ウチ猫11 | comments(0) | - | posted by ガラシャ |
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>