黄昏<CATS> 
 茶猫20歳ジュニ☆
 白チョコ猫15歳ホルス☆
 キジ猫14歳ポー☆
 アメショ茶15歳エル
 白黒もうすぐ10歳アリスの5猫ズ駐留中♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
不安定な夜
■3/27 Sunday 血糖値は難しい

7時50分: インスリン2.0 尿検査:ケトン無し・ブドウ糖+++1
8時: GLU Err 皮下点滴 ビタミン剤
            注射針&検査紙10枚

今日は朝だけで、後は自宅で様子を見て、明日3時に病院の筈だった。
一日一回だとかなり楽だなぁと思いながら帰宅したのだけれど、簡単には幕は降りなかった。

4時:インスリン2.0
0時:インスリン2.0

夕方打った時は、寝込みを襲ったので、嫌がられてしまった。ホルを保定しておくのは難しい。押さえつけすぎれば怖がるし、かといって、すぐ頭が動いてしまうので、針を刺している間がドキドキものだ。
でも、結構気分良さそうな感じで動いていた。
問題は0時に打った後、起こった。10分もしない内に動きが変になった。
缶を少し食べた後、水を置いてある場所から離れなくなってしまった。しかも、水のみの縁に頭をもたせかけるようにして、ぐったりした感じで横たわっている。

尿検査:ケトン無し ブドウ糖 +++1

慌てて、検査をしてみたが、特に変わった点は無い。でも、変だ。
血糖値の変動が激しいのだろうか、まさか、低血糖になったなんてことは無いよね? 
意識はしっかりしてるので、非常事態という程では無いと思い、とりあえず、朝まで様子をみることにした。

こんな風に、物凄く調子がいいと安心していても、そのすぐ後で、異変があったりするので、気を抜けない。

実は0時の時、焦って、針の裏側にチクッと触れてしまった。シマッタ、と思った時は遅い。もうインスリンは出きっている筈だから大丈夫とは思ったけれど、低血糖にならないように、ワインとおつまみで糖分を補充しておいたビール
0
    | 17:33 | ホルス闘猫記*3月(05) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ガラシャ |
    Comment








    糖分、補給しすぎないようにニャ=^◇^=ヾ=^^=ゞまあまあ
    posted by cova | 2005/03/29 9:02 PM |
    下のエル、はめこみっぽかったですか?^^
    ワイン、がぶのみはしてないので、大丈夫です(本当か!?)。
    posted by ガラシャ | 2005/03/30 1:20 AM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
    << NEW | TOP | OLD>>