黄昏<CATS> 
 茶猫20歳ジュニ☆
 白チョコ猫15歳ホルス☆
 キジ猫14歳ポー☆
 アメショ茶15歳エル
 白黒もうすぐ10歳アリスの5猫ズ駐留中♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ケトンでたんですが
土曜日は検査日だったのですが、ケトン出ちゃいました。もしかすると、また血液からの点滴をしないと駄目かもしれません。
詳しくは、明日書きます(日付は同じ今日ですが)。
早朝から忙しいので、寝ないと体力が持たないとです〜ガラシャです。
昨日は私の体調も最悪だったので、かなり疲弊したので、とりあえず早めに睡眠に入ります。(と言いつつ2時……)

と、昨日の夜の時点では、しばらく半入院で、インスリンを点滴で落としていかないと駄目っぽい雰囲気が満々だったのですが……日曜日朝病院に連れて行ったら、ちょっと不思議な事になってしまいました。

■6/17 Saturday ケトン出ました!

インスリン1.0:3回
食事:7回  W腎臓S1と1/8缶
尿検査:ケトン +-5 糖 +++1(2時半)
フルクトサミン:950 (前回1210より下がっている)

購入:ペンニードル1袋

8時:病院GLU Hi 体重:3.2キロ(-0.5キロ)熱:39℃
12時:吐く(液体黄色)その後、食欲無くなる
12時半:病院 GLU Hi 
4ジ時:病院 GLU Hi 尿検査:ケトン+-15
<輸液・吐き気止め・ビタミン剤注射>

朝8時に行った時に、ホルの体重を量ったら、3.2キロに減っていた。0.5キロ減ったのはちょっとショックでした。
家に帰ってから、ここのところスピスピしていた鼻が本当に効かなくなったようで、ご飯を食べなくなった。更に、12時に、黄色い液体(胆汁?)吐いてしまう。病院で診てもらうと、熱39℃で少し高め、血糖値もインスリンが効いてる筈の時間なのに落ちていない。
吐き気止めと抗生物質を注射して、帰ってきてから少し食べた。
だが、2時半に尿検査をすると、ケトンが出ている。ピンクの色が濃い。
4時、病院で診てもらうと、ケトンの色は更に濃くなっていた(+15)。
輸液をして、様子を診て、明日もケトンが出ていたら、本格的な点滴が必要になるかもしれないということになった。

この日は、他の患者(ペット)も立て込んでいて、待ち時間が長くて、ホルも私もバテ気味(というより私は最悪のコンデション……)。
小金持ちそうなスーツのオジサンに連れて来られていたダックスフンド君犬、耳の後ろの皮膚が可笑しいとかで診てもらっていたが、ただの(しかしある意味)凄い毛球でした。「毎日こまめにブラッシングしろよ〜!」とは心の声。毛刈りされてる最中、ちょっと焦っている犬に話しかけるオジサン、何気に赤ちゃん言葉です……しかも、リンちゃん(ダックスの名前)の去勢の相談をはじめ、ただ血統がいいので、どうしようか迷ってる……「だったらそのままにしとけ」(by 心の声)。買った所に相談しなくてもいいだろうかとかトボけたことをおっしゃる。「自分で決めろつ〜の!」
夕方は、中型犬が吐き気が酷くて来院、夜まで点滴することになった模様です。

そして、問題の日曜日。
0
    ■6/19 Sunday ケトンは何処?

    インスリン1.0:2回
    食事:回 W腎臓S 缶
    尿検査:ケトン 無 糖 陰性
    購入:ペンニードル3袋 インスリンカートリッジ

    5時半:吐く(液体黄色)
    8時半:病院 GLU 86 ケトン 無
        輸液・吐き気止め・ビタミン剤・抗生物質注射
        注射はせず
    4時:病院 GLU Hi インスリン1・0
        吐き気止め注射

    朝5時半に吐いたが、本当に少しずつご飯を食べている。
    病院で血糖値を測ると、低血糖では無いが、かなり低い値が出てビックリしました。夜の間にもっと低い時があったのでは無いかと言うことでしたが、私が起きていた2時半くらいまではそんな感じは見られませんでした。5時半に吐いたのは低血糖のせいだったのかなぁ?
    しかも、ケトンが無くなってうるではありませんか!!
    先生も不審がって、もっと詳しい値の出る検査紙で再度検査。それでも、無い。
    本格的な点滴は、とりあえずしなくて良いことになりました。
    夕方には、しっかり血糖値が上がっていたので、インスリンはこのままで打っていくことになった。
    それにしても、不思議? 何処に消えたんでしょうね、ケトン?(キョトン?)

    夜になって問題発生。
    四匹一緒のご飯タイムに、ホルは顔を背けて食べない。
    ちょうどよくトイレに行ったので、尿を検査してみる。

    結果は、

    尿検査:ケトン 無 糖 陰性

    これって本来なら嬉しいんでしょうが、ホルの場合は低血糖の方が心配なので、夜の注射をどうするかが難しい。打って、本当に低血糖(GLU50以下)になっても大変。
    それと、トイレをする時に足がもつれて転びそうになったのも不安要素。
    というわけで、病院に電話して、指示を仰ぐことにしました。
    夜の注射は中止して、明日の朝病院へGOです〜〜しょんぼり
    | 01:47 | ホルス闘猫記*6月(05) | comments(1) | trackbacks(0) | posted by ガラシャ |
    Comment








    睡眠時間は小刻みに寝てますので、大丈夫ですよ♪
    意外と得意です^^。
    posted by ガラシャ | 2005/06/19 10:48 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
    << NEW | TOP | OLD>>