黄昏<CATS> 
 茶猫20歳ジュニ☆
 白チョコ猫15歳ホルス☆
 キジ猫14歳ポー☆
 アメショ茶15歳エル
 白黒もうすぐ10歳アリスの5猫ズ駐留中♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
女ボスの攻防
ウチの周りには、本当に猫しか通れないような通路(キャットウォーク)があります。

フギャァァ〜〜〜!!

の叫び声と共に始まる喧嘩の声に、地震が来ようと雷が轟きわたろうとビクともしないウチの猫ズもさすがに色めきたちます。

ドタンバタン!

先日はポーが上の小窓の網戸にぶら下がってガリガリ。
私はカメラを持って屋上へ急行。

あら?

という顔で、私をジッと見上げたのは、三毛嬢。彼女は昔はウチの中にも何処からか入り込み、シャンシャンと鈴を鳴らして階段を登ったり降りたりしていた美猫の三毛嬢でした。どうやら、ご近所の女ボスのようです星

女ボス交戦中?

反対側の通りの面している食べ物屋さんの裏口に続いてる通路(通り抜け不可)の場所です。

喧嘩してたのは、君でしたか。で、相手は?

探しても見当たらないので、とりあえずパチリ。
すると、黒いゴミかと思っていた場所から小さい前足が伸びて、猫パンチを繰り出した。真っ黒な仔猫でした。

敵は何処?

健気に戦っていたようですが、形勢は滅茶苦茶悪い模様。
三毛嬢が私を見上げたまま固まっている隙に無事に逃げおおせたようです(メデタシメデタシ)。

それにしても、愛しのロミオ君も三毛嬢に追われて姿を見せなくなりしょんぼり、次々とライバルを駆逐してる三毛嬢……一度、我が家の女ボス、ジュニとお手合わせ願いたいかもイヒヒ
0
    | 09:39 | ソト猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
    縁側の猫
    お彼岸に猫の墓参りに行った帰り道、小さな庭のある縁側に、ちょこんと仔猫が座っていました。まだ本当に小さくて、長毛の綺麗な三毛さんでした。

    縁側の仔猫

    カメラを向けても、微塵も動かず、こっちを見ています。
    もしかすると置物?と思うくらい静かです。
    その安心した様子から、多分、そのお家の飼い猫なんだろうと思いました。
    和風が似合う日本の夏の三毛さんでした。
    0
      | 01:07 | ソト猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
      彼岸の猫たち
      春のお彼岸の頃にはホルの病気勃発でお墓参りが出来なかったので、今年初めて猫の墓参りに行って来ました。
      ウチから歩いて30分程の所にあるお寺さん経営の動物霊園に、愛猫2匹が眠っています。そして、頼まれて面倒をみていたお隣のワンコ、ミニチュアピンシャーのリリーも。

      その道すがら、ちょっとボロいアパートの前で、数匹のニャンコに会いました。三毛猫2匹、茶猫1匹、そしてまだ仔猫の白黒猫のこの子……。

      彼岸の猫です

      細くて、毛も少し薄いのだけど、とてもフレンドリー。指を一本出して、こんにちはすると、スリスリして、撫でさせてくれました。
      同じ白黒猫のピーちゃんも、春のお彼岸間近に道を歩いてると、困ったように小走りで道路を駆けていました、声をかけると擦り寄って、「私を連れて行って」と訴えて来ました。
      とてもよく似ています。顔も仕草も……でも、今はその仔猫を少しの逡巡の後に抱き上げてあげることが出来ません。
      「ごめんね」

      ちょっとピーちゃん似?

      君の未来が別の誰かと運命の赤い糸でつながっていますように。

      そう祈ることしか出来ません。

      その動物霊園には、漫画家の赤塚不二男さんの愛猫菊千代君も眠っています。ニャロメのモデルのような白黒猫君で、透明な石室のドアにはニャロメが描かれてます。写真とお骨が収められた小さな石室が出現したのは、11年前、ジュニが寂しくないようにと迎えたサバトラのニャン蔵ちゃんが亡くなった数年後だったと記憶しています。

      彼岸に逝ってしまった猫たちが、皆仲良く、幸せでいてくれたらと願わずにはいられません。
      そして、今日はお墓参りのついでに、ホルと他3猫が元気でいてくれるようにお願いしてきました。
      0
        | 01:13 | ソト猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
        ああ、どうしてあなたはロミオなの?
        最近とても気になる子がいます。

        気になる子

        ウチの周りには結構猫が出入りしていて、喧嘩の音や屋根から落ちる音など派手に聞かせてくれることもあります。
        確認してるだけでも四匹。シャンシャンと鈴を鳴らしてやってくる美猫の三毛シャン、ちょっと細身の茶白君、いつもエアコンの室外機の上で寝ている白黒君、そして……ニューフェイスのこの子。

        こちらを見上げる時の表情が、今は亡きピーちゃんそっくり、どうしても気になり、ついつい見詰め合ってしまいます。
        家と家との人も通れない狭さの通路なので、2階の窓から見詰め合うことしか出来ません。

        こ、これって、恋!?

        鳴くわけでは無く、じっとこちらを見上げて、いるのを気づいてくれるまで待ってるだけ。時々、他の猫に追い払われているようです。あまりに健気組なので、たまにコソっとウチの猫たちが贅沢にも残したおご飯などを落としてます。
        世間はこれを餌付けというんでしょうか? 他の猫たちを気にしながらも、しっかり食べて行きます。大きさ的には1歳から2歳くらいかもしれません、まだまだ若者な雰囲気がします。

        ホルが病気になっていなかったら、迷わず「ウチの子におなり!」と鼻息荒く抱きしめてしまいそうですがラブラブ
        しばらくロミオとジュリエットのように、窓辺からのデートで我慢我慢です〜〜いえ、意外と、ちゃんとご自宅があるかもしれませんしねモグモグ
        0
          | 01:23 | ソト猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
          氾濫する川と渡世猫
          台風接近により夜になって滝のような大雨が降りました。実はウチの近くの川も引っ越してきて初めて氾濫して、水が坂の途中まで来ているとか……雨。どうやら周辺は避難勧告が出ている模様です。
          ウチはまあちょこっと外れているのですが、前々から大雨があると台所の排水溝から水が上がってくるというアクシデントが2、3度あったんですが、今回は凄かったです。
          ちょうど台所にいた時、雨が激しくなって、ふとシンクを見ると、もう水が溢れ出してました。一瞬の出来事にあ然……とする暇も無く、せっせと水の掻き出し……間に合いません〜〜〜ムニョムニョ
          それが、数度に及ぶと、さすがに笑うしかなく……いやぁ、スペクタクルでございます。テレビをつけると、ウチのご近所がニュースに!ふぅ〜ん

          ウチとは違うんですが、善福寺川もやっぱり増量中らしく、ちょうどその川の傍で写真を撮らせてもらった猫さんがいます。

          毛づくろい中です

          猫さんのバックが善福寺川です。
          0
            続きを読む >>
            | 01:16 | ソト猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
            ドコ見てんのよ〜!?
            江戸川公園の猫さん。

            砂地で何を?

            ちょっと、ちょっと〜そこのアナタ!

            ドコ見てんのよ〜!?怒り


            あ、あの?

            失礼しちゃうわ〜

            全く失礼しちゃうわ〜レディの恥ずかしいシーンを激写するなんて!!悲しい

            え、えええっ〜〜〜ええぇえぇ〜〜〜〜!!冷や汗

            ようやく真実に気づいた疎い奴がヒトリ……。

            世はなべて事もなし……。
            0
              | 01:27 | ソト猫05 | comments(0) | - | posted by ガラシャ |
              お楽にどーぞ
              狭い建物と建物の間の本当にキャットウォークしかできないような隙間の奥に、エアコンの室外機が置かれています。陽気のいい日には、そこに猫がのんびり寝そべっていることがあります。
              美人のミケ嬢、そして、今回はこの白黒猫君。

              何か御用?

              あ、見つかちゃった……。ずっとボクを見てるけど、何か御用ですか?

              いえいえ、ちょっと世間話をしたくなっただけです。いいお天気ですね〜。

              そうですね(ちょっと不審そう……)。ラッキー

              あの、そんなにじっとこちらを見上げられても困るんですけど(ポッ)。どうかお楽になさってください。

              0
                続きを読む >>
                | 00:50 | ソト猫05 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ガラシャ |
                今日は何の日?
                私にも……

                某神社にて月

                ねえねえ、そこのアナタ!

                いきなり呼び止めて、何よ ? もしかしてナンパ !?

                あ、いえいえ、ちょっと質問をさせてください。今日は何の日かご存知ですか?
                0
                  続きを読む >>
                  | 19:47 | ソト猫05 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ガラシャ |
                  雨と猫と
                  雨の日の猫はいつにもまして静かです。寝ているのはいつものことだけど、雨の音が染み入るようにひっそりと寝ている気がします雨

                  なんて、悠長な事を言っていられない事態が!……は、さすがに大げさ過ぎですがふぅ〜ん
                  今日もホルは不調とお友達でした。
                  深夜0時半に吐いて、昼12時にまた2回吐きました。その後は、ご飯を食べているので、普通なら問題無いように思えるのですが、糖尿病ですから、少し違ってきます。吐いたことで、血糖値がどうなってるのか、注射するのかしないのか……と毎度の堂々巡りしちゃう訳で。
                  今日はその後は落ち着いているので、病院に行くまでも無いかなぁという気もしたのです、雨も降ってるし……正直あめ
                  雨が降っていると、傘を片手に持ってるので、いつもよりキャリーバックの重みが増してるように思えます。持ち帰るのも一苦労だしなぁ〜。
                  なんて、いろいろ考えて、夕方まで様子を診る事にしました。
                  インスリンを打たないといけ無い時間になって、尿検査をしたら、糖がかなり陰性の方になってたので気になりました。そこは根っから優柔不断……病院に報告だけ入れてみることにしました。
                  まあ、電話すると、連れてきてくださいって言われるとは思ったんですがモゴモゴ、その頃には、雨もちょっと小降りになってたのでいいかなぁと思ったりした訳です。

                  で、「エイヤ!」っと病院へ。

                  結果は

                  ■6/10 Friday 雨の通院

                  0時半:吐く(食べ物混入)
                  12時:吐く(食べ物混入)30分後液体を吐く
                  インスリン1.5:1回
                  インスリン1.0:2回
                  食事:8回 小5缶と1/2缶
                  尿検査:ケトン 無 糖 +-0.1
                  夕方4時半:病院 GLU(血糖値)598 吐き気止め注射

                  先生も血糖値が低い時間があったかもしれませんねと言うことで、とりあえずこの後のインスリンの単位は1.0になりました。
                  明日は検査日なので、5連チャンで病院行くことになります(タハハッ)。私全然病院好きじゃないんだけどなぁ〜ポロリ

                  実は、ポーも吐きました。こちらは食べ物に毛が混ざっているので、いつもの吐きですが、吐き出すと連続してしまうので、早く復活して欲しいです。
                  0
                    続きを読む >>
                    | 18:22 | ソト猫05 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by ガラシャ |
                    港区在住の白黒君
                    港区在住にゃ!

                    この白黒君も美猫さんです〜。
                    青木さやかさん風に「ちょっとどこ見てんのよ〜!?」って顔でしょうかてれちゃう

                    2日の日は、ホルが病気になってから、初めて遠出をしたのですが、心配することも無く、お腹ぺこぺこで迎えに出てくれましたおうち
                    何も無いようでいても、うっかりミスがあったりと、慣れてしまうことで、気を緩めないようにしないと改めて思いました。
                    0
                      続きを読む >>
                      | 00:32 | ソト猫05 | comments(3) | trackbacks(0) | posted by ガラシャ |
                      | 1/2 | >>