黄昏<CATS> 
 茶猫20歳ジュニ☆
 白チョコ猫15歳ホルス☆
 キジ猫14歳ポー☆
 アメショ茶15歳エル
 白黒もうすぐ10歳アリスの5猫ズ駐留中♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
尻尾ピーン
それは大寒波が襲ってくると天気予報で脅かされていた前日の事でした。
天気晴朗なれど、空気冷たしの昼。
台所に向っていた筈のジュニの目がキラリと輝いた。

タタタターーーーッッ!!

軽やかに急勾配の階段を駆け上がる茶猫が一匹。

ガラシャ@寒いから、止めた方が……聞いてないね。あ、そう……。

そういえば、今年は1回くらいしか屋上出てないね、と思い直して、リードをつけて屋上へ。

寒い散歩1

尻尾がピーンと伸びて、心なしか、いつもよりボワボワしてます。
ジュニさん、颯爽と探索開始……と、言っても、冬の屋上、食べられそうな草も無く、閑散としています。

寒い散歩2

ジュニ@本当、何も無いわね〜。手入れも全くされてないし……。ノーノー

ガラシャ@はぁ、どうも済みません。

そして、ジュニは空を見上げた。
0
    続きを読む >>
    | 19:24 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
    ラブラブカップル?
    ペロペロ(舐めてます)

    カプカプ(甘噛みしてます)

    ホルが病気になってからは、エルに甘えてこられるのがしんどいらしく、エルに寄ってこられるとちょっと舐めてあげて、その後はササッと逃げてしまいます。もうウチでは珍しかった猫団子も見られないかなぁ〜と残念に思ってたのですが、昨日久しぶりに2匹でラブラブしてましたラブ

    ラブラブ?

    ガラシャ:おお〜とっても久しぶり!

    ということで、写真やら動画やらを撮りまくり。

    でも、ホルは……
    0
      続きを読む >>
      | 01:36 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
      箱入り猫三昧
      28さんが“<らんげるはんす島の猫たち>で めぐり逢った = たからもの = たち。”として『漂ふ。= drift with the current. = 』というブログを始められました。
      その中で、ホルのちょいと昔(2〜3年前)の箱入り写真を使用してくださってるんですが、猫は本当に箱が好きっ!というわけで、他の猫たちも紹介しちゃおうぜ〜ということで、いろいろ集めて見ました。ちょっとボケボケ写真もありますが、そこは笑って許して〜汗

      まずはホル、洋酒のビンが入っていた細長い赤箱の上で悩んでおります。

      ホル箱入り息子

      ホル:どうようかなぁ〜入ってみようかなぁ?

      エル:いつまで入らないと、アタチが入っちゃうよ〜ポッ

      エル箱入り娘

      チャッカリてれちゃう

      ポー:小娘、どきなさいっぶー そこはアタシの場所よ!

      ポーもまだまだ箱入り娘

      などなど攻防がありまして、やっとゆっくりホルも……。
      0
        続きを読む >>
        | 23:37 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
        お騒がせしております
        ちょっとの間と思って箪笥の引き出しを開けておいたら、あっという間に猫が入り込んでくつろいでいたりすることありますよね?
        今日もふと気づくとポーが治まっていて和んでいたので、そのまましばらく放置……のつもりが……、ついうっかり時間が経ち、あ、引き出し開いてる!と思い、閉めようとしました。

        ギャン!

        犬っぽい叫び声が響き渡って、キジ猫が飛び出しました。

        きゃぁ〜〜ごめんよ、いたんだね……って、オイったらーっ

        「ニャァニャァ〜」

        まずホルが何が起こったかもわからず大声で出てきます。
        続いてエルだけでなく、滅多に出てこないジュにまで全員集合。
        怒りまくっているポーは、エルに向って「シャーシャープシュー」。
        いやぁ〜あの〜悪いのは、私なんだけど……モゴモゴ

        その場、まあすぐにポーのご機嫌をとることで何とか治まりました。はぁ〜パクッ済みません、これから忘れないようにしますです、ハイ汗

        夜暗くなって、外で突然、猫同士の過激な喧嘩の音が響き渡ります。

        バタバタ。

        ニャーニャー。

        猫たち、キョロキョロ。ちょっと緊張。
        すぐに音は治まったので、猫たちも平常運転になりましたが……。
        猫も野次馬ならぬ野次猫多しということでイヒヒ

        ということで、なんだか一日疲れたでち〜のエルです。

        ネムネムでちゅのz

        猫は寝るのが仕事でちゅの〜ムニャムニャzzz
        0
          | 00:15 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
          風邪ひき中につき
          ガラシャが風邪で果てているので、代わりに、私ジュニが書いてあげることにしたわ。
          果てているといっても、大げさで困るのよね〜ちょっと熱が出たくらいで、アタフタしてるし、「ああ、もう駄目〜っ」とか言って甘えてくるし。
          だけど、ここで甘やかすと駄目だから、一緒になんか寝てあげないわよ、私はニコニコ
          それでも、ちゃんと私たちのご飯とおトイレの掃除をしてるのはちょっとだけ誉めてあげるわよ。本人に言うと図に乗るから、ココでねプシュー

          本当は、ホルの闘猫記アップするつもりだったらいいけど、挫折してたわね〜思いっきりニョロ
          こっちは面倒そうなので、私はやってあげないわ、もちろん(キッパリ)。

          撫でててもいいわよ♪

          でも……そうね、あんまりゲショゲショ、コンコンして、ヘタってるから、たまには私の麗しのサービスショットで和ませてあげるわ。
          更に、大サービス! 撫でてもいいのよOK
          どう、これで風邪なんか吹っ飛ぶでしょ!?
          0
            | 01:40 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
            一触即発 危機一髪!
            ジェームス・ボンド(?)みたいなタイトルですがイヒヒ

            先週の日曜日のことでした。外はしとしと雨雨で、猫も雨の日は静かに寝ていることの方が多いのですが、事件はいきなりやってきました。
            まず近くにやてきたエルにポーが近づくと、エルはつい背中をピクピクと動かしてしまったのです。これがいけなかった……。
            ポーが傍にいるときは検分が終わるまでジッとしていなければならない……これが鉄則なのです。すると気分のいい時はたま〜にですが、ちょっとだけ舐めてくれることもあります。
            が、ピクピクやっちゃったエルがお気に召さなかったポー。
            いきなり背中に齧りかかり、それに対抗してエルも転がって向き直り蹴りを入れてしまった。
            「何、何っ!?
            ヤジ猫ホルがあたふた鳴きながらやってくると、珍しくジュニもサッとやってきて、エルの体勢が不利なのを見て取り、バトルに参戦!
            こういう時のジュニさん、勇猛果敢です。ポーに飛びつくと、シャー!シャカシャカ、バリバリ〜〜〜!!
            「ちょっとちょっと〜ポーちゃん、目は止めて!
            ここでガラシャが、ようやく割って入りました。
            実はジュニの方が強いんですが、これまで大きい目にポーの爪がヒットして、お岩さんみたいに腫れたことが何回かあったのです。
            ポーを抱き上げると、何を思ったか、あんまり事情がわかっていないホルがジュニに組み付いてしまいまいました。双方転がって蹴り攻撃!
            「こらこら、ホル、ジュニに勝てる訳ないよ〜たらーっ
            でも、最近トロトロとしか歩かないホルの元気な姿を見て、ちょっと感激したり……元気なのはいいことだ〜ラブ
            放っておくとまたバトルが勃発しそうだったので、とりあえず、フーシャーしているポーを台所に隔離して、阻止しました。

            実は1対1はたまにあったけど、4匹が同時にバトルに参戦するのを見たのはこれが初めてワッ!
            怪我をされては困るので引き分けましたが、ちょっとワクワクもしたのです。特にホルとジュニがちょこっとだけ若く見えたのが嬉しかったり桜
            でも、私がいない時は止めてねSTOP!
            0
              | 17:57 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
              スーパーラット対決
              昨日の夕方のことです。そろそろ涼しくなったので、部屋の上についている小窓を閉めることにしました。
              家は築ン十年なので、外観よりも中身がとても古い造りになっています。部屋の天井の高さが2.5メートル以上はあるでしょうか。私の背丈よりもずっと高いその小窓は一枚ガラスでは無く、4枚に別れていて、取っ手を回して開閉することが出来ます。その内側には網戸はめ込まれてます。
              家が密集しているので、もうひとつ大きな窓があるにはあるのですが、昼なお暗く常に電気をつけていなければなりません。
              で、私は椅子に乗って、その窓を閉めました。

              ガタガタ

              何かが走り回る音がいきなり響きました。
              まさかと思って閉めたばかりの小窓を見ると、黒い小さな影が窓ガラスと網戸に挟まれて、慌てふためいてグルグル走っています。

              ウキャァァ〜〜〜びっくり

              凍りつくアタシ……。
              あり得ない光景です。
              どうやら潜入していたソイツに気づかずに挟み込んでしまった模様です。
              それは、ただの鼠というより、進化したスーパーラット君でした……。

              ハッ!と気を取り直して、助けを呼びました。

              「ポー!!!

              が、呼ぶまでも無く、音に気づいたポーは、ゆったり寝ていた衣装棚の上からジャンプしてこちらに向っている最中でした。
              そして、勇猛果敢に網戸に爪を立てて取り付き、その小動物……ソイツめがけて一撃を繰り出しました。

              バリバリ、バシャバシャ!

              ああ〜ポー、なんて勇ましいの〜素敵ラブラブ

              ふと気づくと、足元にも猫が一匹……好奇心旺盛なエルでした。
              同じく物音に気づいてやってきたものの、二本足で立って、箪笥に前足をかけて上を見てはいますが、腰が完全に退けてます……イヒヒ

              エル:オロオロ……オロオロ……ウロウロ……アレは何唖然!?

              その間にもポーは攻撃の手(足?)を決して緩めません。

              ああ、でも、網戸がポーの重さで外れて部屋にソイツが部屋に入ってきたら怖い……とやっとまともな思考に戻ったアタシ。
              椅子に乗って、恐る恐る手を伸ばし窓を開けました。
              それでも、しばらくはパニックして走り回っていたソイツもやっと脱出してくれました。
              ポーは獲物を取り逃がしはしましたが、ハンターの顔で、キリリとしています。本当、頼りになるわ〜〜ラブ
              一方、いまだ何が起こったかわからず、ウロウロするだけのエル……。
              エル、アンタって、イザという時役に立たない猫なのね〜たらーっ

              アタチだって

              エル:内弁慶とか、臆病とかじゃないのよ〜〜ただ、よくわからなかっただけなんでちゅ〜〜〜〜撃沈

              ちなみに、ホルは一応出てきたものの、ヤジ猫で「何? 何があったの〜!?と一声鳴いて、さっさといなくなりました。
              そして、ジュニさんは、な〜ぁんにも気にせずぐっすりお休み中月でありました。
              0
                | 02:02 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
                全員集合してる?
                今年の夏は暑かったので、赤いテーブルの上は大人気でした。
                仲の良くないポーとエルも我慢して(主に我慢してたのはポーだけで、エルはあまり気にしてません)くっつくほど暑かった温泉

                全員集合してる?

                そして、とっても珍しい4猫集合図なんかも見られました〜祝
                ああ、ちょっとヤラセは入っておりますがラッキー、ガラシャ事務所的にはOKでありますおてんき

                ちなみに、上白猫ホルス♂11歳、下左からキジ猫ポー♀9歳、茶シマ猫ジュニ♀14歳、アメショー茶猫エル♀4歳です。
                顔は故あって、お見せ出来ません(撮れなっただけやんイヒヒ)。
                0
                  | 18:09 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
                  ジュニの主張
                  たまには

                  ウチで一番賢いのはジュニです。会話もしっかり成立するので、話し相手に最適。
                  しかも、いろいろ考えてます。
                  ホルは着替えてると全部病院に連れて行かれる!という恐怖にさいなまれる訳ですが、ジュニは長い外出と短い外出の違いを見分けています。で、長いなと判断した場合は、「ちゃんとご飯を出していって頂戴」とまとわりついてアピール。短い時は無視ですモグモグ
                  最近はホルが大体起こしてくれるので少なくなりましたが、お腹が空いているのに私が寝ていると、しばらく鳴いた後、シャキーンと爪をしっかり出して、狙いを定めて顔にキキーッっと爪を立てて下さいますぶー
                  その他、嫌がらせ○んことか、トイレの枠外しとか、一番冷えている場所は私のものよとか、技は多彩です。
                  14歳になっても、イザと言う時のスピードはなかなかのものです。さすがに天井近くなどの高い所へのジャンプは控えてもらってますが、結構機敏に動けます。
                  「人間には厳しく、猫には甘く」がモットーのジュニのお陰で、下に猫が増えても、皆ジュニ教育のお陰で立派な猫に育ちました。
                  仔猫の面倒もよくみてくれたので、お任せジュニちゃんで、私はあんまり関与してなかったり……ポッ。だからと言うわけでもありませんが、他所でウチの猫たちのママ的な呼ばれ方をすると内心かなり冷や汗出てますたらーっ。だって、本当の代理ママはジュニなのですから〜私何もしてませんからぁ〜〜ムニョムニョ
                  普段は偉そうにしていても、イザと言う時、猫たちが頼るのはジュニなのです。「ジュニちゃんは偉い、ジュニちゃんに付いて行けば、何があっても絶対大丈夫!」と3猫たちは思ってるフシがあります。

                  ずっとご飯タイムのオピニオンリーダーもジュニだったのですが、ホルの病気以来、ホル優先になっているのは仕方無い。でも、最近、ジュニは考えました。

                  それは……。
                  0
                    続きを読む >>
                    | 03:15 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
                    ポーも9歳
                    HAPPY BIRTHDAY PO!!

                    22日(月曜日)にポーも9歳になりましたプレゼント
                    誕生日当日の写真を撮りたかったのですが、奥地に引っ込んでなかなか出てきてくれず、ちょっと前の写真でお祝いです。

                    朝はお布団の上に撫でててもいいよOKという顔で待機していたので、撫でててたら、返り討ちに会いましたたらーっ
                    いきなり右手を4本足で掴みにかかったかと思ってください。私も殺気を感じて手を引っ込めようとしたのですが既に遅し……ムニョムニョ

                    ガシッ!

                    ガリガリガリ。

                    ポーさん、爪突き刺さってますポロリ

                    ポーもあまりのベストヒットにちょっとビックリ気味。
                    お互いすぐに離れてたいけど、爪が……食い込んでて、手を上にあげようとすると足がぶらさがってついてくる……。

                    大丈夫、大丈夫……全然大丈夫じゃないけど、言い聞かせながらなんとか爪を引き剥がすことに成功。
                    手には、赤い穴が3点……後からしっかり血が染み出てきました唖然

                    これが血のバースディの真相です……え、誰も聞いてない?ラブラブ

                    今回は虫の居所が悪かったわけではなく、たまたま手があったから、ガシガシしてみたくなったという山男のような心境だったと思われ、「いい子いい子」と頭を撫でておきました。

                    小さい頃は家庭内ノラの一歩手前のような猫だったことを考えると、今の関係はとてもフレンドリーだと思います。
                    本当は人間大好きで、猫嫌いなので、一匹飼いの方が幸せだったんじゃないかなと思うこともあります。ポーにはいろいろ我慢してもらって来ているので、出来るだけ甘えさせて、心穏やかに過ごしてもらえればと思います。
                    とはいっても、現実はなかなかそうは行きませんがノーノー

                    毎日ドタバタ騒がしい日々だけど、これからもヨロシク、ポーラブ
                    0
                      | 02:54 | ウチ猫05 | - | - | posted by ガラシャ |
                      | 1/2 | >>