黄昏<CATS> 
 茶猫20歳ジュニ☆
 白チョコ猫15歳ホルス☆
 キジ猫14歳ポー☆
 アメショ茶15歳エル
 白黒もうすぐ10歳アリスの5猫ズ駐留中♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ジュニがふたり(二猫)?
お天気だったクリスマスの25日昼、台所に向うかと思いきや、ダダダーーーッと階段を登りきり、階下まで響く声で外に出せ〜〜と鳴きまくる茶猫あり猫
朝、食べた直後吐いてたお方とは思えない元気さです。
へぇ〜ヘぇ〜と、お天気も良いし暖かめなので、リードを持って上へ。
すると 「遅かったわね」 と偉そうに、もとい、素直にリードをつけさせて、外へ。

あら鳥ね♪

優雅にお空の鳥を眺められてたのはものの数分。

あっちへスタコラサッサ、こっちへスタコラサッサ。1メートルくらいの壁は平気で乗り越えてしまうので、リードを持つ手にも緊張が走ります。

さて、やっと屋上散歩にも飽きて、階段の上まで戻って来ました。
でも、まだ物足りないようで、その辺をウロウロしてました。

ガラシャ@おやぁ〜〜??

ジュニさん、ふたりいますけど??汗


鏡の中に……

実は階段の向かいの壁に何故か等身大の鏡がおいてあるんですね〜。
珍しくジュニの毛色が綺麗に鏡にも写っています。(微妙に映ってる背後霊の足は気にしないでください)

でも、茶猫は……

気にしてません

鏡の中の自分なんて、ちっとも興味が無いようです。

まったり〜〜〜と過ごしたのは、ココまで。
その夜にはいろいろ事件が勃発。
ちっとも眠らず遊び続ける白黒仔猫と、ショボい顔をしてると思ってたら風邪ひきさんらしいアメ茶娘と、何回も起こしてくれる白チョコ猫と……暖かいはずの部屋が寒くて寒くて、首と右腰が痛すぎて眠れなくなった人間ひとり。
そして、朝方……怒り心頭に達したキジ猫お嬢と何故かアメ茶娘の真剣バトルが勃発……唖然
私はどうやら霊に憑かれたのか、風邪をひいたのか……翌日は完全に果てておりました。が、誰も一緒に寝てくれません……もう少し世話係も大事にしてくださいなぁ〜ポロリ

ジュニ@そんなことは……
0
    続きを読む >>
    | 00:56 | ウチ猫06(後半戦) | comments(2) | - | posted by ガラシャ |
    ご贈答用にどうぞ
    どんどん年末が近づいてきますが、ご贈答用に、生きの良いコレなどうはいかがでしょうか?




    (注*思いっきりテレビの音が入ってますが、そこはご勘弁願います〜ムニョムニョ

    ちなみに、このお酒の箱、エルはオシリがつっかえて途中で止まりましたイヒヒ

    くすん……


    エル@どーせ、アタチはお○ブでちゅよ〜〜グレちゃいますよ〜〜ポロリ
    0
      | 19:03 | ウチ猫06(後半戦) | comments(2) | - | posted by ガラシャ |
      昔の君は
      エルが来た頃の写真を眺めていたら、これまたビックリの写真を発掘しちゃいました。

      ホル、昔の君は……

      凛々しい系?

      今見ると、随分凛々しい顔をしてたんだね〜ラブラブ

      ポートの2ショットもイカしてるよモグモグ

      ホルとポー記念写真風

      今はちょっと、ショボくれちゃったけど……
      0
        続きを読む >>
        | 18:46 | ウチ猫06(後半戦) | comments(0) | - | posted by ガラシャ |
        ビフォーアフター?
        ビフォーアフターなんて、TVでお家を劇的に改築してくれる番組がありましたが、お猫様の場合は……

        まずは、アフターのジュニ姐さん(現在)


        キリリなジュニ姐さん

        そして、今、衝撃の過去がココに!!!?
        0
          続きを読む >>
          | 02:22 | ウチ猫06(後半戦) | comments(0) | - | posted by ガラシャ |
          いざという時の?
          最近ふと思うこと……もしかして?

          ウチに来た当初は本気でガブガブ噛んでいたアリスも、最近はちょこっとは加減を覚えたようで……。
          手足や露出してる部分のお肉を、ちょっときついかな?くらいの甘噛みになってきました。

          でもでも、ふと、思うのですが……

          ガラシャ@もしかして、私は非常食!?

          アタイの非常食♪

          アリス@あ、バレちゃった? 非常食も 鮮度は大切 だから、ちゃんと味見ラーメンしてるのよね〜。

          ガラシャ@私は美味しくないよ〜〜たらーっ


          PS.あっという間に12月も2週目が過ぎていますが、ホルはまあまあ元気です。
          アリスは目を誰かに攻撃されたらしく、まぶたの内側(?)が腫れて、自分で引っかいたりしてしまうため、なかなか治らず、ただ今目薬で様子見中です。
          0
            | 02:36 | ウチ猫06(後半戦) | comments(0) | - | posted by ガラシャ |
            あの子がいない
            ちょっと不思議なお話かもしれません。

            ポーは猫嫌いで、過激で、怒りんぼと思われていますが、本当はとても心細やかで、優しい子です。

            ポーがまだ1歳にも満たない春、ピーちゃんはやって来ました。
            駅沿いの小さな公園から駅に続く小道を歩いていると、白黒の仔猫が心配そうに急ぎ足で歩いていました。

            つい、「どうしたの?」

            と、声をかけた私に仔猫は道を横切って近寄って来て、足元にスリスリ、鳴いて訴えて来ました。なんだかとても困っていて、声をかけてもらってホッとしたというような甘え方でした。
            一瞬、自宅が近かったので、ドライフードを持って来てあげようかと思いましたが、この場を去ってしまったら、この子には二度と会えないかもしれない……。

            いろいろ考えました。
            ウチにはもう3匹猫がいる。その頃、深く知識は無かったけれど、猫エイズなどの伝染病で飼っていた猫が次から次へと……なんて話もチラっと聞いていたことも頭を掠めました。
            仔猫は撫でるととても嬉しそうにし、スリスリ離れない。
            お母さん猫とはぐれたばかりなのか、それとも迷い猫なのか。捕まえるにしてもバックも何も持っていないので、キャリーバックを取りに戻るべきだろうか。グチャグチャ。

            ええ〜いっ!!

            声を挙げた訳ではありませんが、いろいろあるであろう困難を考えても、今ココでスリスリしてる仔猫を放っておけない。
            私は素手で仔猫を抱き上げると、コートの中に仔猫を突っ込んで、外から抱いたまま、急いで自宅に戻りました。仔猫はその間とても大人しく、私の腕の中にいました。安心して、全部委ねきったかのようでした。

            そうして、仔猫はやって来ました。
            私が一番最初に暮らした愛猫と同じ白黒柄の女の子でした。
            ウチに来た時はゴツゴツとした背骨がわかる程痩せていて、ずっと病弱で、何回か病院通いもしました。2、3歳になっても小さくて、病院の先生からも仔猫ですかと聞かれました。

            名前はピーとつけました。
            名前の由来は、先にポーがいたので、ピーポーで救急車の音になるからという安易なものでした。

            ピーちゃんのびのび

            ピーポーコンビで仲良くやってくれればという思いもあって付けた名前でしたが、これは見事に裏切られました。
            ポーにとっては、ライバル出現以外の何ものでもなかったようです。ピーちゃんも勝気で負けていませんでした。
            ピーちゃんが傍を通ると威嚇し、目が合うと、バトルに突入していまいた。壁を登り、カーテンレールを走り、天井近くまで追いかけ、縦横無尽に飛び跳ねていました。
            ただ、流血沙汰までは至らず、互角の戦いでした。
            お互いに、一日一回は必ず追いかけ回していた。

            その当時は仲が悪いと思っていましたが、そうでは無かったかのも知れないと思うようになりました。
            ポーはライバルがいて、刺激があって、楽しかったのかも知れない。
            絵に描いたような仲良しでは無かったけれど、お互いに認め合っていたのかもしれない。

            いつまでも仔猫のようだったピーちゃんが、やっと少しふっくらして来た様に思った3年目の冬。
            数日前から具合が悪く、病院に連れて行っていたピーちゃんが真夜中に苦しみ出しました。発作のようなものだったと思います。当然診てもらっていた病院にも電話しましたが、留守電で連絡がつかず、他の病院もネットで調べてあたりましたが全然駄目……焦る内にもピーちゃんの様子はどんどん悪くなっている。
            午前2時過ぎ、朝を迎える事無く、ピーちゃんは逝きました。

            ジュニとホルは、異常な事態と死を知っていましたが、近寄ろうとはしませんでした。いなくなってしまってからも、クールな程普段通りでした。
            ポーだけが違いました。
            たぶん、ポーにはわからなかったのでしょう。
            しばらく、時折ピーちゃんを探しているような素振りがありました。

            「あの子はどこに行ったの?」

            不思議そうに小首を傾げて私を見ます。
            ポーも大切なライバルを無くしたのです。

            それからしばらく、ポーは末っ子を満喫しました。
            私も、病弱だったピーちゃんに注いでいた時間をポーに向けることが出来ました。怒りん坊で過激で、なかなか触らせてくれなかったポーが、だんだん頭を撫でれるようになり、背中は大丈夫になりと、甘えてくれるようにもなりました。
            小さい時に十分に末っ子の時間を持たせてあげられなかったポーにとって、
            幸せな時間だったのではないかと思います。

            その1年ちょっと後、エルを貰ってしまいました。エルはアメショーですが、文字通り思いがけず貰ってしまったのです。
            エルは生後40日でやって来て、チャッカリとジュニとホルにも取り入り、甘え上手で、とても可愛がられました。
            怒り心頭に達したのは、もちろんポーです。
            エルのことは、大嫌いなようで、威嚇しまくりで、さすがのエルもポーには一目置いて近寄りません。

            不思議なことがあります。

            ぐっすり眠っていたポーが、突然、か細い声で鳴いて起きてきて、心配そうに探すのです。

            「あの子がいない……」

            私を見る目がそう言って、不安そうにしています。

            「あの子はどこ?」

            心配して鳴き続けるのです。

            「大丈夫、いるから」

            こんな時はいつも私はエルをポーの傍に連れて行きます。
            すると、ポーは一生懸命に、優しくエルを舐めてあげます。普段は絶対にしない行為です。
            エルがビックリして、ちょっと恐々シャーしても、丁寧にエルを舐め続けます。
            そして、確認するのです。

            「あの子がいた……」

            やっと安心して、去って行きます。

            最初は不思議でしたが、多分、ポーはいつまでもピーを無くした記憶をどこかに残しているのだろうと思います。
            ポーは今でも時々ピーを探します。7年以上経っても、おぼろげに覚えているあの子がいないことに気づいて、心配になるのです。

            もちろん、ポーに聞いた訳では無いので真実かどうかはわかりませんが、寝ぼけて急にエルが可愛くなるなる訳では無いと思います。

            以上、ちょっと不思議だなと思うお話でした。

            ところで、
            0
              続きを読む >>
              | 02:28 | ウチ猫06(後半戦) | comments(0) | - | posted by ガラシャ |
              アリス放牧中につき
              狭いケージ暮らしは、元気なアリスにはストレスが貯まるようで、一日に1〜2時間くらい放牧して遊んであげたりしていました。
              が、それも日ごとにパワーアップし、元気爆裂の爆走娘は、ケージをガリガリ噛むし、暴れるしで、大変。先週末辺りから、もうちょっと長い時間出して見ることに。
              最初は疲れ知らずで遊びまくっていたアリスもだんだん加減を覚えて来ました。

              ホルと一緒

              寝ている白猫の横でちゃかり休んでみたり……でも、起きた白猫はそそくさと移動しちゃいましたがニコニコ

              そして、このお方にもバトルを申し込み……

              ジュニとバトル

              見事に、蹴散らされたり……イヒヒ
              まあ、ジュニもあまりお転婆をしない限りは、ちょっとしか怒らなくなりました。

              これまで、アリスのお姉ちゃんとして、一手に相手を引き受け、頑張っていたエルはと言うと……

              風邪引きさんでちゅの

              ここ数日、珍しく風邪っぽくて、ちょっと元気がありませんムニョムニョ
              教育係として、頑張りすぎて、ヘチャったのかも〜です。

              そして、一番怖いお姉さんは……
              0
                続きを読む >>
                | 01:51 | ウチ猫06(後半戦) | comments(0) | - | posted by ガラシャ |
                末っ子事情異変あり
                猫でもやはり一番下は末っ子的な雰囲気があります。
                小さい時には可愛がられ、大きくなっても末っ子らしい子供っぽさとか、無邪気さとかが残っているように思います。
                エルがウチに来て5年、ずっとお子様だなぁと思っていたのですが、下にアリスが増えて、だいぶ変わって来ました。
                最初は興味津々ながらも、恐々接していたけど、だんだん良い遊び相手になってくれるようになり、ふと、気づくと、凄くお姉さんっぽい面倒見のよさを発揮してくれてますニコニコ

                年長組がジュニを筆頭に仔猫をあまりかまわないせいもあって、エルがほぼ全面的に相手をしているせいもあるのでしょうが汗

                あ、もちろん、この方は、論外ですたらーっ

                警戒警報発令中〜

                常に警戒警報を発令していて、天衣無縫のようなアリスも、ちゃんと避けることを学習しているようです。
                それでも、ポーも同じ部屋にいるのを我慢するくらいには折り合いをつけてくれています。それだけで、感謝です。

                エル@でも、アタチだって……ずっと相手をするのは、ものすごぉぉぉぉ〜〜〜〜く疲れまちゅ。

                アタチだってつかれまちゅの

                時々、エルお姉さんから、エルおばちゃんに変身してしまうのでした唖然

                そして、今日も……
                0
                  続きを読む >>
                  | 01:29 | ウチ猫06(後半戦) | comments(0) | - | posted by ガラシャ |
                  遊んでちょうーだい!
                  だいぶアリスの遊び相手になってくれるようになったエルサッカーボール
                  隙間に挟まって、アリスが襲ってくるのを待ち構えてます。何気に、可愛い表情をしてるエルラブラブ




                  (注*画面が暗いのは、部屋が暗いからです〜光量が足りませんひらめき

                  バトルも唸りも全く無く、本当に仲良く遊んでます。でも、このデカさの違いは……アリスがまだ仔猫だからと思いたいムニョムニョ




                  お相手するのに疲れて来ると、そそくさと戦線離脱しちゃいます。

                  エル@アタチだって、お子様の相手は、疲れるでちぃ〜モゴモゴ

                  たまたま傍を通ったジュニ姐さん、巻き込まれて、ごっつう嫌な顔をして、蹴散らしてくれました、アリスをノーノー





                  ジュニ@お子様の相手なんかしてられないわ、フンぶー

                  アリス@あら? もうエルオネーチャン終りなの? アタイはまだ……
                  0
                    続きを読む >>
                    | 18:26 | ウチ猫06(後半戦) | comments(7) | - | posted by ガラシャ |
                    ホルのつぶやき
                    寒くなりましたね。木枯らし1号もそろそろ吹くとか……強風
                    いつもガラシャがお世話になっています。今日はボク、ホルが近況をお伝えします。
                    ボクはちょっと不調な日もありますが、まあまあ元気です。

                    ホルです

                    本当は昨日までに、ボクの記録をアップしたかったらしいんですが、昨日、ガラシャはドジなことに、廊下で何故か彼女の進路に突き立っていた木屑を思いっきり踏んで、右足の薬指を負傷したらしいです。ドジですねたらーっ
                    しばらく痛かったと泣き言を言っていましたが、そのせいで更新が遅れた訳では全然ありません。だって、足でキィボードを打つ必要はありませんからふぅ〜ん
                    ただ単に怠慢こい……ゴホッモゴモゴ……睨んでる人がいるので、これ以上は止しておきますたらーっ

                    えっと、そのガラシャが「全員揃ったラブラブ」と喜んでいた写真を載せておきます。

                    全員集合!

                    はい、これだけはまったくもって何の写真かわかりませんね。
                    ま、でも、本人は満足してるみたいので、笑って許してあげてくださいラッキー

                    え? 最近増えた白黒の小さいのをどう思っているかですか?
                    ちょっと騒々しくなったけど、ボクはどうでも……あ、いえいえ、ジュニちゃんが言うには「エルに任せておけばいいのよ」だそうです。
                    ポーはいつも怒りんぼですが、ボルテージは更に上がっているようです。でも、流血沙汰にならない限り「大丈夫」だとジュニちゃんが言っているので、大丈夫です。
                    エルは、最初はへっぴり腰でしたが、だいぶ慣れてきて、追いかけっこや取っ組み合いの相手もしてるみたいです。疲れると、上に登って逃げています。ジュニちゃんは「すぐに大きくなって、逃げ場がなくなるわよ」と薀蓄の深いことを言って笑ってました。

                    ああ、今日も一日、平和でした猫
                    0
                      | 08:57 | ウチ猫06(後半戦) | comments(0) | - | posted by ガラシャ |
                      | 1/3 | >>