黄昏<CATS> 
 茶猫20歳ジュニ☆
 白チョコ猫15歳ホルス☆
 キジ猫14歳ポー☆
 アメショ茶15歳エル
 白黒もうすぐ10歳アリスの5猫ズ駐留中♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ホルは好調だけど
ホルはわりと安定しててくれたのですが、山あれば谷あり〜つーわけで、今度はジュニが吐き方が酷くて、数年ぶりに病院に行きました。
また、インスリン量が、朝1.5、夜も1.5に変更になったので、夜低くならないように、こっちも気をつけていかないと〜。


■1/26 Thursday ジュニ吐いて、病院へ

++++++++++++++++++++

インスリン(ランタス):朝8:00 1.5 夜8:00 1・0   

活性炭:1個(朝9:30)

尿検査:
昼3:50 ケトン 無 糖+++1

食事:10回 大2缶(ヤギ&牛乳)

便:2回 朝 柔らかめ続けてする 

++++++++++++++++++++

水を飲む量は相変わらず多い。
鼻が効かなくなるときがあるが、食べている。

ホルが割と元気にしていてくれて良かったと思った日。
ジュニが午後から吐き出して、夕方に全体がピンク色の液体を吐いたので、病院に連れて行った。詳しくは、ココへ。
診断は、吐いた時に、内部が切れたのでしょうということだったが、夜11時にももう一度吐いたので、元気は復活していたが、朝まで水とご飯を我慢してもらった。
ホルはよく水を飲むので大変だった。台所で食べさせた後、牛乳や水をそこで飲んでもらって、朝まで。

病院ジュニ病院代病院
診察料&注射2本で約3500円也。ホルの点滴1回分といったところポロリ


■1/27 Friday ジュニ復活

++++++++++++++++++++

インスリン(ランタス):朝8:00 1.5 夜8:00 1・0   

活性炭:1個(昼1:10)

尿検査:計測出来ず

食事:12回 大1と7/8缶(ヤギ&牛乳)

便:1回 深夜  

++++++++++++++++++++

朝になって、ジュニにヤギ乳&牛乳を飲ませて様子見。
ホルには、ご飯を台所であげていたが、ポーとエルにはジュニにお付き合いしてもらっていた。
9時半にやっと少し食べたので、水を戻した。
ホルは朝は少し食欲が落ちたが、一日元気だった。


■1/28 Saturday 病院DAY&夜も1.5で!

++++++++++++++++++++

インスリン(ランタス):朝8:00 1.5 夜8:00 1・5   

活性炭:1個(朝10:00)

尿検査:計測出来ず

病院:
朝8:00 GLU Hi 体重:4.0キロ(+0.1)
昼3:00 GLU 270
夕6:00 GLU 540

1/21の検査結果(詳しくはココ
BUN63(up)CRE1.9(down)フルクトサミン766(down

食事:14回 大1と4/5缶 小7/12缶(ヤギ&牛乳)

便:1回 朝 普通 

++++++++++++++++++++

朝7:00 ホゲホゲして、白い液体を本当にちょっとだけ吐く。
その後、すぐに食べたがったので、そのまま、ヤギ乳と大1/4缶。
水の飲みすぎか、毛玉と思われ、後はひかないように思った。

今月の検査結果が出た。
BUNはまだ高いものの、CREは平常値まで下がっている。そして、フルクトサミンも昨年の入院以来初めて、700台まで下がった。
正月付近にインスリンを朝晩2.0で打っていた効果だと思うが、2.0だとホルは下がり過ぎてしまう懸念があるため、朝1.5&夜1.0で打ってきた。でもそれだと、更に効果を期待できないということで、夜も1.5で打ってみることになった。
私としても、大丈夫そうという感触はある。


■1/29 Sunday 暖かい日で

++++++++++++++++++++

インスリン(ランタス):朝8:00 1.5 夜8:00 1・5   

活性炭:1個(昼1:10)

尿検査:
夕5:00 ケトン 無 糖 陰性
夕8:30 ケトン 無 糖 +++1

食事:11回 大2缶 小7/12缶(ヤギ&牛乳)

便:2回 深夜&朝 普通 

++++++++++++++++++++

夕方尿検査したら、糖が陰性になっていた。昼くらいに、低めだったということだろう。
ゆっくりと寝ていることが多く、起きても大人しい感じがする。
夜も1.5になった影響が出ているのかもしれない。


■1/30 Monday ジュニまた吐く

++++++++++++++++++++

インスリン(ランタス):朝8:00 1.5 夜8:00 1・0   

活性炭:1個(昼1:00)

尿検査:計測出来ず

食事:10回 大2缶(ヤギ&牛乳)

便:1回 朝 普通 

++++++++++++++++++++

鼻がスースーしていて、鼻水を飛ばしてるが、食欲はある。
匂いが分からないような時は、口にちょっと入れてみせると、やっと食べだす感じ。
よく寝いている。

☆ジュニ☆
夕食後、8時過ぎに食べ物をそのまま吐いた。一気食いが原因かも?
見ていない間に水を飲んだようで、翌0:40にヤギ&牛乳を飲んだ後、吐いた。少し血が混じっていたので、食べたがっていたが、朝まで水を撤去して我慢してもらう。


■1/31 Tuesday 大丈夫

++++++++++++++++++++

インスリン(ランタス):朝8:00 1.5 夜8:00 1・0   

活性炭:1個(朝11:00)

尿検査:計測出来ず

食事:12回 大2缶(ヤギ&牛乳)

便:1回 昼 普通 

++++++++++++++++++++

ジュニ、7時にはご飯を食べて、いつも通りになっていた。用心の為に回数を分けて、少しずつ食べさせる。
ホルは、よく寝て、きちんと食べている。夜は少し低そうな感じもあったので、朝の注射は気持ち少なめのまました(1.2〜1.3な感じ)。
わりと好調で、動きもOK、よく鳴いている。

久しぶりのジュニの病院通いもあって、ワタワタした月末になってしまったが、ホルが比較的安定していて、食欲も落ちなかったのが良かった。
検査数値も、少し結果が出てきたかもしれないと期待できるものだった。
ただ、ジュニをはじめとして、他の猫たちの健康もますます気を配っていかないと駄目だと改めて思った。
0
    | 18:56 | ホルス闘猫記*1月(06) | - | - | posted by ガラシャ |
    ペットボトルの夜
    血糖値が低めに推移してる感じだったので、先生とも相談して、朝は2.0から1.5単位に減らしてみましょうということになりました。
    病院DAYの土曜日は大雪で、通院は朝の一回だけになったので、ホルも私も、まったり〜モード。
    本当はいつもそうだとリラックスできていいのにね〜。


    ■1/20 Friday 吐いて、低血糖気味?

    ++++++++++++++++++++

    インスリン(ランタス):朝8:40 1.0 夜8:00 1・0   

    活性炭:1個(夕5:50)

    尿検査:
    夕4:00 ケトン 無 糖 陰性

    食事:8回 大1と3/8缶 小1/10缶

    便:0回 

    ++++++++++++++++++++

    午前3:30 吐く(水のみ) 毛玉とりの薬 水撤去
      7:50 小1/10缶と大1/8缶を少しだけ、食べだす

    この時点で尿検査、糖は陰性になっている。やはり吐いた3時半前後が低かったということだろうか?
    朝のインスリンは、用心のため、1.0単位で打った。
    昼頃から、口の中にちょっと入れて、味を認識させると勢いよく食べだした。その後は、少し時間はいつもより開いているが、食べてくれた。


    ■1/21 Saturday 病院DAY朝1.5 夜1.0で!&大雪のため雪

    ++++++++++++++++++++

    インスリン(ランタス):朝8:00 1.5 夜10:00 1・0   
    活性炭:1個(昼3:00)

    尿検査:計測出来ず

    食事:12回 大1と1/2缶 小1と2/2缶

    病院:
    朝8:00 GLU Hi 体重:3.9キロ(±0)

    購入:シリンジ2袋

    便:1回 夜

    ++++++++++++++++++++

    明け方から降り出した雪が、今年の初雪にして、大雪。一日で、9センチ積もった日。
    朝の病院で、先週は糖が陰性になっていたことが多かったことを話した。
    先生も先週の土曜日の検査で、結構低い数値が続いていたこともあって、朝1.5、夜1.0でしばらく行きましょうと提案してくださった。
    雪の降りが酷いので、とりあえず昼は無し、夜8時にもう一回ということになったが、夜になっても雪はますます降っている。先生から電話で夜も中止になり、シリンジだけを貰いに行った。
    朝しか病院に行かなくて良かったので、ホルも安心モードで、リラックス。
    昼くらいに大缶をあまり好まなくなったので、小缶に切り替えると、なんとか食べだした。
    実は夜、2時間遅れて注射したが、リラックスできたのが良かったのか、ジュニとバトルする元気があった。次の日、鼻の頭に、小さく引っかき傷を発見しました。


    ■1/22 Sunday 元気ですかぁ!?

    ++++++++++++++++++++

    インスリン(ランタス):朝9:30 1.5 夜9:00 1・0   

    活性炭:1個(夕5:00)

    尿検査:計測出来ず

    食事:12回 大2と3/8缶(ヤギ&牛乳)

    便:1回 夕硬め 

    ++++++++++++++++++++

    朝9時に、缶は少ししか食べず、ヤギ&牛乳しか飲まなかったので、もしかして吐く?と心配したが、昼からはいつもどおり食べだした。
    夕方からは匂いをわからせなくても、自分から進んで食べるようになった。
    ホルの様子も絶好調な感じで、元気がある。


    ■1/23 Monday 寒さで?

    ++++++++++++++++++++

    インスリン(ランタス):朝8:30 1.5 夜8:00 1・0   

    活性炭:1個(夕4:50)

    尿検査:計測出来ず

    食事:11回 大1と5/6缶 小1/6缶

    便:1回 朝 柔らかめ 

    ++++++++++++++++++++

    朝から水を飲む量が多いのが気にかかった。活性炭を使い出してから、気持ち減ってきたと感じていたのだが……。
    原因が寒さのためだったら、良いのだけど。
    鼻がイマイチ効いていないが、頑張って食べている。


    ■1/24 Tuesday 水を飲む量とオシッコが多い

    ++++++++++++++++++++

    インスリン(ランタス):朝8:00 1.5 夜8:00 1・0   

    活性炭:1個(昼12:00)

    尿検査:計測出来ず

    食事:12回 大2と1/2缶(ヤギ&牛乳)

    便:3回 朝昼 柔らかめ 

    ++++++++++++++++++++

    朝方何回も食べたがり、騒がしかった。オシッコの回数と量も気になる。
    便を3回したが、柔らかい。早めに活性炭を飲ませて、様子を見る。
    食欲は旺盛で、よく食べている。元気もある。

    寒さ対策で、ペットボトルを簡易湯たんぽとして使っています。
    物凄く熱いお湯は入れないので、ちょうど良いらしく、4猫全員に好まれてます。でも、すぐ冷えてしまうので、6〜8時間でお湯を変えないといけません。計8本をいろいろな場所に配置してるので、結構面倒です。

    ちなみに、ホルはこんな感じで使ってます。

    使用例ホルの場合

    ホル@わりとホカホカしてて、気持ちいいよ温泉
    0
      | 03:40 | ホルス闘猫記*1月(06) | - | - | posted by ガラシャ |
      ジュニ姉さん、事件です
      寒暖の差が激しいとやはり体調を崩し勝ち。今週はいきなり暖かくなったりして、気を抜い時にジュニも食べれなくなったりと事件は起きまくった。
      ホルは、血糖値が低くなる(平常値の場合も含めて)ことも多くなっているようで、さっきまで食べていたと思ったら、急に受け付けなくなったりとかなり変動が激しかった。


      ■1/15 Sunday したか?してないか?困惑

      ++++++++++++++++++++

      インスリン(ランタス):朝8:00 2.0(?) 夜8:00 1・0   
      活性炭:1個(朝10:20)

      尿検査:
      午前0:40 ケトン 無 糖 陰性
        2:40 ケトン 無 糖 ++0.5〜+++1
      午後4:30 ケトン 無 糖 陰性
        7:50 ケトン 無 糖 +++1

      食事:10回 大2と5/8缶(+ヤギ乳+牛乳)

      便:1回 普通

      ++++++++++++++++++++

      朝、ちょうど注射をしようと思っていた時に、ホルが出てきて、ご飯を食べたがった。まあ、先に食べさせてもいいか、と台所に連れて行ったのまでは、きちんと覚えている。
      がっ! 昼頃、冷蔵庫に保管してある筈のインスリンを部屋で発見してしまった。さあ、ここからが問題です。
      「私、朝、注射した?」
      記録ノートを見ると、チェックが入れてある。したのかなぁ?
      いつもなら、残りのシリンジの数を数えるとOKなのだが、今回に限って打つ時に失敗して減っている。さあ、困ったしょんぼり
      結論、『迷ったら、打つな!』といことで、そのまま様子を見ることにしました。
      結果は、昨晩も尿検査で血糖値が低めになっていたこともあるのか、夕方4時半に測った時には、陰性。8時頃になって、やっと血糖値も上がっていた。
      夜は1単位をそのまま注射。この感じだと、ちゃんと注射していたのかもしれないが、していなかったとしても、慌てて注射をしないで正解だと思った。

      ホッとしたのもつかの間、夜にも事件は起こったのです。
      昼の間は、ホルに注意が向けられていたので、ジュニがあまりご飯の主張をしなくて静かだなと感じていたくらいだった。が、いざ、ご飯タイムになって、ご飯だよ、と呼んでも出てこない。
      やっとゆっくり出てきたが、鼻水が解く、喉か鼻から、ゴゥゴゥと変な音がしていた。前に、皿を持っていっても、全く無反応。手で少し口に持っていくと、お愛想程度に舐めただけ。
      日中いつもより暖かかったので、安心していたのがかえってアダとなったかもしれない。
      いつも元気なジュニだけに、無性に心配になる。とにかく、鼻が効いていないことははっきりしているので、ホル用に貰ってあった抗生物質の飲薬をホルと同じ分量だけシリンジで飲ませてみる。体重はジュニの方が上なので、同じ量なら大丈夫だろうし、効かない可能性の方が高いかもしれない。
      そして、前から気になっていた窓に昔使っていた厚手のカーテンをかけるため、禁断の洋服ダンス(開けると猫が皆ワラワラとやってきて入り込もうとするので滅多に開けない)に手をかけると、元気の無さげだったジュニまで出てきた。
      カーテンは仔猫がよじ登るのでずっと中止していたのだ。エルも最近は大きくなったので、さすがに登れないだろうと出すことを決定。これで、窓からの隙間風を完全に遮断できる。
      そして、ジュニの周りにペットボトルの湯たんぽを取り囲むように配置して暖かくした。
      夜も更けて来た頃、ずっと寝ていたジュニが起き出した。そして、新しく開けた猫缶をすこし食べ、何故か普段は興味を示さないドライを勢いよく食べだした。

      おお〜復活の予感!!ラブ

      そして、次の日、ジュニは……思いっきり元気になっていました。
      さすが、ジュニ姉さん、脅威の復元力です。


      ■1/16 Monday ジュニ復活の日!

      ++++++++++++++++++++

      インスリン(ランタス):朝8:00 2.0 夜8:00 1・0   

      活性炭:1個(夜9:00)

      尿検査:計測出来ず

      食事:12回 大2缶(+ヤギ乳+牛乳)

      便:2回 朝硬め、昼普通 

      ++++++++++++++++++++

      朝になったら、ジュニは普通に出てきて、ちゃんと一緒に食べた。鼻か喉から聞こえていた変な音もほとんどしていない。すっかり復活してました。さすが、ジュニ姉さんであります。

      ホルも食欲はある。依然、鼻はスピスピしている。


      ■1/17 Tuesday 静か過ぎて汗

      ++++++++++++++++++++

      インスリン(ランタス):朝8:00 2.0 夜8:00 1・0   

      活性炭:1個(夜9:30)

      尿検査:
      昼11:40 ケトン 無 糖 ++++2
      夕 4:30 ケトン 無 糖 ++0.5〜+++1
          
      食事:9回 大1缶 小3/4缶(+ヤギ乳+牛乳)

      便:2回 朝普通、昼硬め 

      ++++++++++++++++++++

      朝までは少しずつながらも、食べていたが、昼近くに少しだけ吐く。

      昼11:40 吐く(食べ物少量&血ごく少)
        2:00 牛乳+水(少)
        2:10 ヤギ&牛乳+水
        4:30 ヤギ&牛乳+水 水を戻す

      そろそろ食べるかなという時吐いてしまったので、朝食べてから夕方まで12時間近く食べない状態が続いた。
      猫缶はまったく食べたがらず、ヤギ&牛乳をわずかに飲む程度。
      尿検査で、血糖値は高めに推移しているようなので、夜も1.0を注射。
      夜7時頃から口に持っていくと、やっと食べ物だと認識する感じで、少しずつ食べだした。
      今回は、食べない上に、長い間眠っているので、かなり心配した。ただ、血糖値は低くは無いようだったので、体力を温存させる為に、そっと見守るだけだった。
      最近は吐いても、吐きは1回で治まってしまうことが多いが、食べたい気持ちにホルがなるまで、時間がかかって、それを待つのが、こちらの気持ち的に凄く辛い。
      鼻が効いていない、というのは、もしかすると、効いていても食欲がわかない匂いに変化しているからでは無いかと思うことがある。お腹が落ち着いてくれば、食べたい匂いも、吐いた後は食べたくないと感じる匂いになっているのかもしれない。
      言葉で食べないと駄目だよといくら言ってもわかってはもらえない。それが、とてももどかしい。


      ■1/18 Wedesday 昼から上昇したけど……ムニョムニョ

      ++++++++++++++++++++

      インスリン(ランタス):朝8:00 2.0 夜8:00 1・0   

      活性炭:1個(夜11:00)

      尿検査:
      朝8:00 ケトン 無 糖 ++0.5

      食事:7回 大1/4缶 小1と5/6缶(+ヤギ乳+牛乳)

      便:1回 夕柔らかめ 

      ++++++++++++++++++++

      朝までは、口に入れると食べていた。昼になって、自分から食べだした。
      鼻は相変わらずスースーしている。鳴き声も出てきた。
      寝ている時間が長くて、なかなかおきてこない。それでも、食べだしてくれたので、ホッとしていたんだけど……。

      夜11時を過ぎて、また食べなくなった。口に少し入れてみても、全く興味を示さない。オドオドしてその場から逃げようとする。

      以下は、ちょっとマイナス志向になったので、反転させときます。
      それに、他の猫たちのそれぞれの攻勢が同時に襲ってきて、さすがにキレかけた。病気だからとわかっていても、時々、我慢できなくなることもある。
      人間相手でも同じだろうけど、つい口を出てしまう。
      「どうしてわかってくれないの? 食べなきゃ死んじゃうんだよ」
      切羽つまりすぎたというか、溜まっていた鬱憤が噴出しそうになって……つくづく息抜きしないと駄目だなぁと反省しました。



      ■1/19 Thursday 朝も1.0で

      ++++++++++++++++++++

      インスリン(ランタス):朝9:00 1.0 夜8:00 1・0   

      活性炭:1個(夜7:10)

      尿検査:
      朝6:30 ケトン 無 糖 陰性
      夜7:10 ケトン 無 糖 +++1

      食事:8回 大1/4缶 小7/12缶

      便:1回 夕硬め 

      ++++++++++++++++++++

      4時くらいまで様子を見ていて、少し眠る。
      朝6時半、血糖値をみると陰性になっている。夜の間も低かったということだろう。1時間遅らせて、用心の為、9時に少なめに1.0を注射。
      ただ、6時半の時点で、食欲は復活して、自分から食べだしたので、これなら大丈夫だと思う。
      寒いので、ペットボトルのお湯がまだ暖かい内にせっせと交換する。


      翌金曜日になって、また夜に吐いています。またまた波乱ありの予感です……ヤレヤレ。
      土曜日の検査日までまだいろいろありそう……ですポロリ
      0
        | 03:48 | ホルス闘猫記*1月(06) | - | - | posted by ガラシャ |
        どしゃぶりは勘弁
        今日は病院DAY、なのにどしゃぶりの雨雨 が昼頃から振り出して、2時半の通院はずぶ濡れ……さ、寒い撃沈
        気象予報士さん、久しぶりの雨は降っても暖かいでしょう、なんて嘘つかないでください。寒いです。

        今週は何度か吐きはあっても、一回だけで尾をひかず、しばらくすると復活して食べだすというパターンで、それ程大崩れはありませんでした。
        どうも血糖値が低めになっている時の様に感じているのですが、どうかなぁ?

        ■1/9 Monday やや低めかも?

        ++++++++++++++++++++

        インスリン(ランタス):朝9:00 2.0 夜8:30 1・0   

        活性炭:0個(:)

        尿検査:ケトン 無 糖 ++0.5(12:00)
            ケトン 無 糖 +0.25(午後4:20)

        食事:8回 大3/4缶 小2と1/4缶(+ヤギ乳+牛乳)

        便:1回 固め

        ++++++++++++++++++++

        午前3:40 牛乳のみ

        鼻水を飛ばしている。食欲下降気味。

        10:00 吐く(食べたもののみ少量)

        水を撤去して、毛玉とりの薬を舐めさせる。牛乳も飲もうとしない。
        昼になっても相変わら食べようとしないが、良く鳴いているし、元気はある。

        午後2:00 牛乳+水

        食べ物は少し口をつけた程度。もう吐かないようなので、水を戻した。
        4時頃になってやっと少しずつ食べだした。夜には食欲が復活した。

        最近、1回だけ吐いて、後は大丈夫という吐きパターンになってきた。吐いた時は少し血糖値が低くなっているような気がする。焦らず食べるまでヤギや牛乳でつないでいると、お腹が落ち着いてくるのか、食欲が戻るようになった。病院DAYの次の日に体調が崩れることが多い気がする。


        ■1/10 Tuesday 好調?

        ++++++++++++++++++++

        インスリン(ランタス):朝8:00 2.0 夜8:00 1・0   

        活性炭:2個(夜0:50&夜10:40)

        尿検査:計測出来ず

        食事:11回 小3と1/2缶(+ヤギ乳+牛乳)

        便:1回 

        ++++++++++++++++++++

        鼻水は飛ばしているが、小缶は自主的に食べる。
        ゆっくり寝ているし、いい感じ。ケージにも軽々飛び乗っている。こういう日はちょっと楽だし、嬉しい。


        ■1/11 Wednesday 活性炭を吐く

        ++++++++++++++++++++

        インスリン(ランタス):朝8:00 2.0 夜8:00 1・0   

        活性炭:1個(夕5:50)

        尿検査:計測出来ず

        食事:9回 小3と7/12缶(+ヤギ乳+牛乳)

        便:1回 普通

        ++++++++++++++++++++

        朝9:00 吐く(消化された食べ物+活性炭 少し多め)

        活性炭は昨夜10時40分に飲ませたものだが、少し溶けかけているが、形が残っていた。結構溶けるのが遅いようだ。

        10:40 ヤギ+乳+水 毛玉とり薬舐めさせる

        缶はまだ食べようとしないが、動きはいいので、それほど心配しなくてもいいように思う。

        午後2:30 小1/3缶 ヤギ+牛乳+水

        自分から食べだした。
        夕方、活性炭を飲ませるとき嫌がって口から何か吐き出した。茶色い物体だったので、食べたものかと思ったが、拾ってみると、虫歯になって変形した歯だった。活性炭は無事に飲んだ模様。
        夜は、大きい声で鳴いて、元気すぎるくらいになる。高血糖っぽいなぁ。


        ■1/12 Thursday 少し温かく、好調キープ温泉

        ++++++++++++++++++++

        インスリン(ランタス):朝8:00 2.0 夜8:00 1・0   

        活性炭:1個(夜10:00)

        尿検査:計測出来ず

        食事:12回 大1/2缶 小4と1/3缶(+ヤギ乳+牛乳)

        便:1回 

        ++++++++++++++++++++

        割と温かかったので、食欲もあって、好調。
        大缶も他の猫と一緒に食べる時は、つられて食べる。好みに変化の兆し?


        ■1/13 Friday 良好です

        ++++++++++++++++++++

        インスリン(ランタス):朝8:00 2.0 夜8:00 1・0   

        活性炭:1個(夕4:20)

        尿検査:計測出来ず

        食事:10回 大7/12缶 小3缶(+ヤギ乳+牛乳)

        便:1回 

        ++++++++++++++++++++

        朝9時50分、小1/2缶を食べた後、飲んだ水と一緒にバシャーッという感じで、一気に吐いてしまった。飲みすぎたのが原因で、悪い吐きでは無かったが、念のため水を撤去して、様子をみた。
        その後は食欲も普通で、吐いたショックも無いようだった。動きも良かったし、元気もあったので、全体として良好でいいと思う。
        ただ、オシッコ量は活性炭を飲ませだしてから気持ち減ったかなと感じていたが、量、回数ともまた多くなってきたように思う。


        ■1/14 Saturday 病院DAY病院+土砂降りの雨雨

        ++++++++++++++++++++

        インスリン(ランタス):朝8:00 2.0 夜8:00 1・0   

        活性炭:0(:)

        尿検査:計測出来ず

        食事:10回 大1/2缶 小2缶(+ヤギ乳+牛乳)

        病院:
        朝8:00 GLU Hi 体重3.9キロ(+-0)
         2:30 GLU 204
        夜8:00 GLU 102

        便:1回 

        ++++++++++++++++++++

        朝8:40 吐く(食べ物+水)

        朝病院から帰って、大量に水を飲んだ後、吐いた。病院に連れて行かれたショックもあるのかなと思う。

        朝9:30 ヤギ+牛乳
        11:30 ヤギ乳

        台所に行って水を飲みたいと鳴いて訴える。ヤギ乳と牛乳は飲むが食べようとしない。

        昼1:40 小1/6缶+ヤギ+牛+水
         2:30 病院 GLU 204
         4:00 小1/4缶弱 水を戻す

        2時半に病院だったので、少しでも食べてくれて良かった。

        昼近くから降り出した雨が出る時には土砂降りになり、ずぶ濡れの通院になった……寒いです。
        血糖値は低めだろうなと思ったが、204で、やや低めくらい。夜ももう一度計った方がいいということで、8時に行く予定……。
        帰ってからバタバタしていたので、ホルもしばらく落ちつかず、水も飲まないで狭い所に隠れようとしていた。夕方になってようやく落ち着き、少し食べだした。

        夜8:00 病院 GLU 102
              インスリン1.0

        夜になっても雨はずっと降り続いていて、昼ほどの激しさは無いものの大変でした。
        血糖値は昼よりも更に下がってましたが、一応平常値なので、これから上がると考えてインスリン1.0注射しました。
        家に帰って、9時を過ぎてから、チョコチョコと食べだして、食欲もなんとか復活の予感。11時現在、今はやっとゆっくり眠ってます。

        お互いにハードな一日だったね、ご苦労様、ホル猫
        0
          | 19:01 | ホルス闘猫記*1月(06) | - | - | posted by ガラシャ |
          幕開けも
          年が明けて、初めての検査日まで、やっぱりいろいろ起こります。
          そして、検査日には、低めすぎて、ヤキモキしました。朝晩2回2.0のインスリンが夜だけ1.0でしばらく行くことになってしまいました。


          ■1/1 Sunday 元旦から低調鏡もち

          ++++++++++++++++++++

          インスリン(ランタス):2.0 1回 1.5 1回

          活性炭:1個(夕3:10)

          尿検査:ケトン 無 糖 陰性(午後7:50)

          食事:7回 大1と1/3缶 小1/4缶(+ヤギ乳+牛乳)

          便:1回 かなりやわらかめ

          ++++++++++++++++++++

          朝4:00 食べず、牛乳のみ
           8:00 インスリン2.0
          昼0:10 吐く(黄色 食べ物少し)
           0:20 ヤギ乳+牛乳 便、かなりやわらかい
           2:50 大1/6缶 +ヤギ乳+牛乳 鳴いて、元気もある
           3:10 ネフガード

          朝方から食べなくなり、調子が落ちていると思ったが、案の定、吐く。ごく少量で、後は落ち着いていた。

          夕9:50 インスリン1.5

          糖が陰性だったので、時間をずらして気持ち量を少な目に注射した。


          ■1/2 Monday 食欲戻る

          ++++++++++++++++++++

          インスリン(ランタス):2.0 2回   

          活性炭:1個(昼2:20)

          尿検査: ケトン 無 糖 +++1(午前0:30)

          食事:11回 大2と5/6缶 小 7/12缶(+ヤギ乳+牛乳)

          便:1回 固め

          ++++++++++++++++++++

          鼻が効かなズ、匂いへの反応が鈍い。口に少しだけ入れると、やっと食べ始める。
          小缶しか食べない時があったが、夜になって、大缶も食べるようになった。


          ■1/3 Tuesday 小缶しか食べない

          ++++++++++++++++++++

          インスリン(ランタス):2.0 2回 抗生物質飲み薬1

          活性炭:1個(昼12:00)

          尿検査:計測できず

          食事:10回 大1/4缶 小2と2/3缶(+ヤギ乳+牛乳)

          便:2回 かなりやわらかめ

          ++++++++++++++++++++

          朝7:30 食べず、ヤギ&牛乳のみ 抗生物質

          口に入れても匂いをかぐだけで、食べようとしない。

           9:50 吐く(黄色 毛混じる)
          12:00 ヤギ乳+牛乳のみ ネフガード
           3:10 小1/2缶 +ヤギ&牛+水

          口に少し入れたら食べだす(吐いてから6時間後)
          夜にはだいぶ回復の兆しあり。


          ■1/4 Wednesday わりと快調です

          ++++++++++++++++++++

          インスリン(ランタス):2.0 2回   

          活性炭:1個(夕8:50)

          尿検査:計測できず

          食事:11回 大1と3/4缶 小1と1/6缶(+ヤギ乳+牛乳)

          便:1回 普通

          ++++++++++++++++++++

          昨日まで小缶しか食べなかったのが嘘のように、自分から大を食べだした。
          夜になって、また鼻がスピスピして、効かない感じになる。


          ■1/5 Thursday かなり元気

          ++++++++++++++++++++

          インスリン(ランタス):2.0 2回   

          活性炭:1個(夕7:10)

          尿検査:計測できず

          食事:12回 大2と1/12缶(+ヤギ乳+牛乳)

          便:1回 固め

          ++++++++++++++++++++

          昼過ぎ、ちょっとした事件。他の猫のやわらかい便がトイレで後ろ足にくっついて、拭き取るのに苦労する。
          鼻は相変わらずだが、自分から食べたがってアピールするし、動きもいい。


          ■1/6 Friday 大変寒いです(最高気温5℃)結晶

          ++++++++++++++++++++

          インスリン(ランタス):2.0 2回   

          活性炭:1個(夜9:30)

          尿検査:計測できず

          食事:12回 大2缶(+ヤギ乳+牛乳)

          便:3回 固め

          ++++++++++++++++++++

          鼻がつまっている。
          あまりに寒いので、猫も人も静か。


          ■1/7 Saturday 病院DAY病院 低めで推移して夜は1.0に

          ++++++++++++++++++++

          インスリン(ランタス):朝2.0 1回 夜1.0 1回   

          活性炭:1個(昼3:30)

          尿検査:ケトン 無 糖 陰性(夕6:20)

          食事:12回 大3/4缶 小1と1/2缶(+ヤギ乳+牛乳)

          病院:
          朝8:00 GLU Hi 体重 3.9キロ(+0.1)
           2:30  GLU 141
           6:00  GLU  67
           8:00  GLU 159

          購入:シリンジ2 ケトン紙20枚

          便:0回 

          ++++++++++++++++++++

          検査日だったが、血糖値が低めで推移したため、夜8時にも血糖値を計ることになった。

          昼12:50 吐く(食べ物 毛少し)
            1:30 ヤギ&牛乳
            3:30 小1/3缶 ヤギ&牛乳 ネフガード
          夕 6:20 尿検査 ケトン 無 糖 陰性

          昼に少しだけ吐いたが、1回だけで食欲もすぐ回復したが、血糖値は低め。これは、低めだったから、吐いたと考えるべきなのかもしれない。
          実は、私の調子が最悪で、昼頃から動くのさえ辛くなっていたので、1日4回通院は堪えた(原因は低体温+貧血etc)。
          夜には少しあがっていたので、先生から、しばらくはインスリンを朝2.0、夜1.0で行きましょうといわれた。
          でも、普通の猫ならこれくらいの数値が普通なんだよね〜高い方が安心するって、変な心理だ。


          ■1/8 Sunday ホルは大丈夫だが

          ++++++++++++++++++++

          インスリン(ランタス):朝10:00 2.0 夜9:30 1・0   
          活性炭:1個(夜23:50)

          尿検査:ケトン 無 糖 陰性(午前7:00)
              ケトン 無 糖 ++++2(10:00)

          食事:11回 大2缶(+ヤギ乳+牛乳)

          便:1回 固め

          ++++++++++++++++++++

          朝7時に尿を検査した時は、糖が陰性だったので、注射時間を遅らせた。10時には高くなっていたので、そのまま注射。
          食欲は自分から進んで食べたがるほどで、いい感じだ。

          ポーがこのところずっと吐いているのだが、ジュニが夜ホルの記録ノートの上に薄い赤の液体を吐いていた。その後、ご飯を食べようとしないので、毛玉とりの薬を舐めさせて、しばらく様子をみることに。このところ、吐いていなかったので、ちょっと心配だ。

          実は今回一番辛かったのは、自分が不調だったことムニョムニョ……看病する側が、心身共に元気でいないと辛いということが、身にしみてわかりました。自分も元気でいないとね〜。
          0
            | 17:48 | ホルス闘猫記*1月(06) | - | - | posted by ガラシャ |
            | 1/1 |